top
specification
download
manual
tutorial
support

introduction


 

このページではGISやArcGISについて説明しているページを紹介しています。

GIS(地理情報システム)とは?

下記は、GISについて説明されているサイトです。

「国土交通省の地理空間情報・GISの活用推進ページ」
国土交通省国土政策局
- GISについての説明や政府のGISに関する取り組みが掲載されています。

「国土地理院内GISページ」 国土交通省国土地理院
- 日本国内の地図(数値地図地球地図)を整備している国土地理院が提供するGISページです

「GISをはじめよう」 ESRIジャパンHP内
- 本サイトにて提供されているArcGISの日本国内総代理店であるESRIジャパン㈱から提供されているGIS初心者向けのページです。無料で利用出来るGISデータやツールもダウンロードすることが出来ます。

「ArcGISブログ」 ESRIジャパン公式ブログ
- ArcGISの便利な使い方、GISの最新技術動向、新バージョンのリリース情報、イベントの見どころなど、ArcGISに関連するさまざまな情報をお届けします。

「What is GIS」 米国Esri社
- ArcGISの開発元である米国Esri社(Environmental Systems Research Institute, Inc.)が提供しているGIS初心者のためのページです。


ArcGISとは?

ArcGISは、米国Esri社(Environmental Systems Research Institude, Inc.)から開発・販売されている世界標準のGIS(Geographic Information System: 地理情報システム)であり、また、誰もが地図や情報を検索、作成、共有、利用できるようにするための統合プラットフォームです。。
ArcGISは複数の製品およびサービスから構成されています。(ESRIジャパンHPより引用許可済み)


・オンラインGIS
ArcGIS Onlineは、地理情報の検索、利用、共有、管理や、GISアプリケーション開発のための共通のプラットフォームを提供する、クラウド型GISです。誰でも無償で使えるクラウドGISサービス「ArcGIS Online 個人向けプラン(無償」)と 個人向けプランの機能に加えて組織が専用に利用するサイトのカスタマイズや組織内コンテンツの管理機能を使うことができる「ArcGIS Online 組織向けプラン(有償)」があります。

・デスクトップGIS
ArcGIS Desktopは、デスクトップ上で空間データのビジュアライズ、分析、編集、処理、管理などを行うためのGISソフトウェア群です。機能レベルが異なる3つの製品群(ArcInfo、ArcEditor、ArcView)と特殊用途向けの共通エクステンション製品群(ArcGIS Desktopエクステンション)から構成されます。

・サーバGIS
ネットワークを経由して高度な GIS 機能を提供するサーバ製品です。 機能グレードに応じた3つのエディション(Basic、Standard、Advanced)と、利用規模に応じた2つのレベル(Workgroup、Enterprise)がありますので、 機能要件やシステム規模、コストなどのニーズに合わせて柔軟に製品を選択することができます。

・GIS開発ツール
ArcGIS Engine は、新規にカスタム GIS デスクトップ アプリケーションを開発したり、既存のデスクトップ アプリケーションの機能を拡張したりするための開発者向け製品で、"ArcObjects" と呼ばれる組み込み可能な GIS コンポーネントやツール群を提供します。

・モバイルGIS
ArcGIS Appsは、Web ブラウザやモバイル端末(iOS、Android、Windows)に対応したアプリ群です。これらのアプリを利用してクラウド上に存在する地理情報へのアクセスが容易に行えるようになります。
ArcPad は、PDA やスマートフォンなどのモバイル デバイス上で動作する GIS 製品です。 フィールドでのデータ収集や GPS と連携した業務などに優れたソリューションを提供します。

・GISデータ
ArcGIS データコレクションでは、ArcGISですぐに利用できるように加工済みなので、基盤データをゼロから構築するためにかかる膨大なコストと時間が不要になります。
ArcGIS Online では、ArcGIS で利用可能なマップサービスを提供します。 インターネットに接続するだけで、簡単に背景地図を利用できます。個人または組織の内部利用と非商用の外部利用は無償で、商用の外部利用は有償での提供となります。インターネットに接続するだけで、背景地図としてすぐに使える 2D および 3D のマップを提供しております。マルチ スケールの表示に対応したマップをご利用いただけます。

個々の製品の機能につきましては、ESRIジャパンHP及び米国Esri HPをご覧下さい。